2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

放射能量

  • sbm20_usv
  • Tokyo Itabasi Radiation 2usvlong

tweet

最近のトラックバック

amazon 2

  • -----2------
無料ブログはココログ

« 独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」 | トップページ | 子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】 »

2011/04/24

子供の放射能安全基準 根拠不透明

子供の放射能安全基準 根拠不透明

引用ここから

放射線管理区域の線量レベルが年間5mSvに決められていて,労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことに
なっていること,また,20mSvという値は原発労働者が白血病になった際に労災認定されるレベルであることなども知らなかったことから,今回の安全基準についての検討の不十分さが指摘されています.

ここまで


今回馬鹿な決定をしたのは、こいつらです。
忘れないために書き置きます。いずれ人道に対する罪とかで、吊るせないですかね。

「子どもは半分」、文科相が否定=原子力安全委員表明の被ばく量


高木 義明 たかき よしあき 文部科学大臣


福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について 文部科学省

お問い合わせ先

原子力災害対策支援本部(放射線の影響に関すること)
堀田(ほりた)、新田(にった)、奥(おく)
電話番号:03-5253-4111(内線4604、4605)

スポーツ・青少年局学校健康教育課(学校に関すること)
平下(ひらした)、石田(いしだ)、北垣(きたがき)
電話番号:03-5253-4111(内線2976)
.

(別紙2)福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
この文書を出した責任者は以下の方々のようです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
標記の件について、福島県教育委員会等に発出しましたので、お知らせします。
                                             23文科ス第134号
                                             平成23年4月19日

福島県教育委員会
福島県知事
福島県内に附属学校を置く国立大学法人の長  殿
福島県内に小中高等学校を設置する学校設置会社を
所轄する構造改革特別区域法第12条第1項
の認定を受けた地方公共団体の長
                              文部科学省生涯学習政策局長 板東久美子
                              初等中等教育局長  山中伸一
                              科学技術・学術政策局長 合田隆史
                              スポーツ・青少年局長  布村幸彦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

« 独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」 | トップページ | 子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】 »

20mSv/年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47952/51479577

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の放射能安全基準 根拠不透明:

« 独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」 | トップページ | 子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】 »