« 放射能物質拡散シミュレーション 61 | トップページ

2011/05/27

福島の大地が綺麗になり、笑顔の生活が戻る日まで私はへこたれないぞ。 この野郎!!

長くなったので、別記事にしました。

武田邦彦 (中部大学) この人の記事は、わかりやすいです。

2011 5/27 更新されてます。

記事からの引用”20ミリと1ミリでは、約1000人の児童・生徒が被ばくでガンになる. 文科省で20ミリの決定に関与した役人は、その責任を「私財」で贖うべきである.”引用ここまで

デュークさんのブログより---子供の年間被曝量の大幅引き上げを決定したのはたった2名の合議! 議事録もないとか

成田脩(株式会社ペスコ部長)   本間俊充(独立行政法人日本原子力研究開発機)

福島の大地が綺麗になり、笑顔の生活が戻る日まで私はへこたれないぞ。
この野郎!!
]

■6月5日いわき市講演の情報です
■科学者の日記110526 みんな死ぬのだから・・・という論理を考える
■国を失った日本人(2) 空中分解した国、子供を被曝させる
■国を失った日本人(1) 海の汚染、はじまったか?
■科学者の日記110525 縦割り:子供の立場は誰が?
■たて割無責任社会:大人が強いる子供達の被曝
■新しい「信頼される」生産者・流通の時代に!
■科学者の日記110523 ああ、すれ違い!
■厳しい問題・・・茨城産の農作物は安全か?
■科学者の日記110521  夏の服装・食材の選択
■科学者の日記110520  哀しい茶葉の検査拒否
■億・兆・そして京
■「工程表」の評価
■科学者の日記110520 「被曝量と健康」の基礎
■科学者の日記110517 国会・文部科学委員会にて
■拭く・測る ・・・ 効果を上げた方(東京)と18才学生
■科学者の日記110517  「福島の胆力」と「乞食集団」
■科学者の日記110516  福島原発1号機
■電力会社の社員は、日本社会の一員か?
■練馬区、日本医師会、イオン、そして表土
■それでも私はなぜかNHKの受信料を払っている??
■原子力基本法  文科省に「遵法精神」を求める
■科学者の日記110515 「奴(やつ)」はどこにいるか?
■「被曝場」と化した学校・幼稚園
■科学者の日記110514 医師の100ミリ

子供の被曝に関しては、長くなったので別ページにしました。4/23

こどもは犠牲者? 1

こどもは犠牲者? 2

独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」


子供の放射能安全基準 根拠不透明


子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】


出てきてください! 高木大臣

.

【5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会】子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!

« 放射能物質拡散シミュレーション 61 | トップページ

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47952/51720431

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の大地が綺麗になり、笑顔の生活が戻る日まで私はへこたれないぞ。 この野郎!!:

« 放射能物質拡散シミュレーション 61 | トップページ