2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

放射能量

  • sbm20_usv
  • Tokyo Itabasi Radiation 2usvlong

tweet

最近のトラックバック

amazon 2

  • -----2------
無料ブログはココログ

« うちの近くを測ってみました。 GAMoV | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 68 »

2011/06/04

福島第一原子力発電所周辺 住民線量評価システム

福島第一原子力発電所周辺 住民線量評価システム

「主に避難地域におられる方を対象に、皆様お一人お一人が受けた放射線量を推定してお伝えするシステムを開発中です。

皆様が事故後「どこに」「どのくらい居たか」「どのように移動したか」などを入力していただき、その情報から放射線量を推定いたします。」

本人が、自分の積算線量を知っておくことが、今後の行動などを有利にするために必要なので、早く公開してもらいたいものです。

ところが、

「住民線量評価システムの運用について(お知らせ) 2011年5月20日

 本システムの公開運用につきましては、信頼性向上のため、延期することとなりました。
 大変申し訳ございませんが、早期に公開するべく準備を進めておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。」

なんですと。


何か圧力? 

知られると不利な人たちがいる?


飯舘村の住民の方が、千葉の放医研に行ってホールボディカウンターを受けたら、その結果を教えてもらえなかったとのツイートがありました。


ホールボディカウンターの身代わり!

要は、彼らには住民や、下請けの従業員の正確な放射能積算線量の値など知られたくないのだ。

女性社員2人も被ばく 今後の女性勤務はなし 

東京電力社員の、たった 7・49 uSv/h と、17・55 uSv/h 浴びただけで「東電と関電工に是正勧告=女性被ばく限度などで違反-厚労省(東電の友達、飼い犬)」  (斜体当方注釈)
女子社員はお気の毒だが、そんな場所で働いている自覚はあったろうし、放射線管理区域であるはずだから、管理され分かったことだ。

それ以上の放射線(東京電力が金儲けの果てに撒き散らした死の灰)を、無関係な子供や、妊婦、女性は、いまだに知らされること無くどれだけ浴びているのかも分からずに生活しているのだ。

東電女性社員が被曝限度3倍超。あれ、福島県民は?


« うちの近くを測ってみました。 GAMoV | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 68 »

20mSv/年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47952/51851846

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原子力発電所周辺 住民線量評価システム:

« うちの近くを測ってみました。 GAMoV | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 68 »