2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

放射能量

  • sbm20_usv
  • Tokyo Itabasi Radiation 2usvlong

tweet

最近のトラックバック

amazon 2

  • -----2------
無料ブログはココログ

« 放射能物質拡散シミュレーション 79 | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 80 »

2011/06/22

走行サーベイシステムKURAMA by 京都大学原子炉実験所

福島県 原子力安全対策課
走行サーベイシステムKURAMAによる空間線量率測定について

結果は、「福島県内を走行した結果と、その結果をもとに作成した空間線量率分布図」 

福島県はこれからこれを活用するとしてるので、こういった空間線量率分布図はどんどん発表して県民の安心に答えてほしい。
他府県、特に東北関東中部の各都府県は採用してほしい。


走行サーベイシステム KURAMA の概要 

KURAMA の構成と特徴
・測定車内で取得された空間線量率データと GPS による位置情報データを携帯回線でサーバに送り、緯度、経度、空間線量率をテキストデータとして記録する。
・市販のサーベイメータのアナログ出力が使用可能である。
・通信に専用プロトコルや専用フォーマットを用いない。
・解析のためのソフトウェアが自由に選択できる。
・Google Map/Earth を活用することにより、地形や建物、樹木等の状態がVirtual 3D で確認することが可能である。
・徒歩による詳細なサーベイも可能である。


思ったこと

1.市販のサーベイメーター(放射能測定器だと思うが)とiPhone や Android の組み合わせで同等の事が安価にできないか?


データ集積サイトは、「ガイガーカウンター持っている人はつぶやこう、Twitterで「ハカル」 #hakaru
放射能測定器からの空間線量率値を設定した間隔で自動的に取得、TwitterにGPSタグ付きで「#hakaru 数値 」の形式で自動的につぶやく。


Twitterを検索クロールすれば、他のサイトでも利用可能。


iPhone 用 GAMoV アナライザー 無料 
GAMoV (GAMmaray over Voice) アナライザーは放射線カウンターからの音声パルスを検出し、解析するためのアプリケーションです。当社の放射線カウンター「GAMoV ディテクター」での利用を想定していますが、検出条件を調整すれば他のガイガーカウンター等でも利用できる場合があります。


これに、Twitter発信機能がつけばいいのに。


2.宅配便やタクシーにこの装置を搭載。自動で詳しいデータがどんどん集積される事になる。


KURAMA と同じような事を spacewalkerさんが、既にされてました。
東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その1) 
blackcat systems GM-45 


何らかの形でデータが取れる放射能測定器をまとめようとしましたが、多すぎて挫折。以下のサイトを参考にしてください。

【備えあれば】ガイガーカウンター 52機種スペックをまとめてみる【憂いなし!?】 


放射線測定器の種類と一覧 


ナチュラル研究所 ガイガーカウンター 
blackcat systems GM-10 は、ユーザーも多くて、値段も安価です。ただし注文殺到とのこと。


いっそキットで手作り?

放射線観測所開始 手作り ガイガーカウンター / ネット接続 測定サーバー 構築 
Kits USA 


ガイガーカウンタで放射線量を測定して共有する
Strawberry Linux USBガイガーカウンタキット
SparkFun Geiger Counter


iPhone用ガイガーカウンターこれも気にはなってます。


それとも豪華に
PDS-100G/GN-ID 核種判定機能付携帯型 
説明のパンフレット 
スペクトルの捕捉と核種の同定が出来るのは今の所これだけですね。価格も豪華です。 

« 放射能物質拡散シミュレーション 79 | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 80 »

20mSv/年」カテゴリの記事

放射線測定器」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47952/52016400

この記事へのトラックバック一覧です: 走行サーベイシステムKURAMA by 京都大学原子炉実験所 :

« 放射能物質拡散シミュレーション 79 | トップページ | 放射能物質拡散シミュレーション 80 »