2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

放射能量

  • sbm20_usv
  • Tokyo Itabasi Radiation 2usvlong

tweet

最近のトラックバック

amazon 2

  • -----2------
無料ブログはココログ

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日

2011/04/30

放射能物質拡散シミュレーション 38

放射能物質拡散シミュレーション 38 です。


0428-0429 税金泥棒「SPEEDI」風速場(地上高)
http://youtu.be/kZVuT0tHcME

0428-0429 税金泥棒「SPEEDI」大気中濃度 ヨウ素(地上高)
http://youtu.be/hMhZTcgI2ag

0428-0429 税金泥棒「SPEEDI」0428-0429 空気吸収線量率
http://youtu.be/3LBRwcjKXwE


なぜか、4/29の 16:00 のファイルが無いので、とんでます。

放射能物質拡散シミュレーション 37

放射能物質拡散シミュレーション 37 です。


4/30 から5/03 ZAMG 放射性ヨウ素の飛散シミュレーション I-131
http://youtu.be/xn9myUe9xm4

4/30 から5/03 ドイツ気象局DWD 放射性汚染物飛散シミュレーション
http://youtu.be/VpMPlcln2hI


. 

ノルウェー気象研究所FLEXPART http://transport.nilu.no/products/fukushima は、5/03 09:00 以降のデータがありません。

放射能物質拡散シミュレーション 35 にあるのが最新です。

若しくは、マイチャンネルから、どうぞ。

2011/04/29

放射能物質拡散シミュレーション 36

放射能物質拡散シミュレーション 36 です。

4/28 から5/01 ZAMG 放射性ヨウ素の飛散シミュレーション I-131
http://youtu.be/i2ITQDveaqg


4/28 から5/01 ドイツ気象局DWD 放射性汚染物飛散シミュレーション
http://youtu.be/4tYAUbtHfJs


放射能物質拡散シミュレーション 35

放射能物質拡散シミュレーション 35 です。

4/29から5/03 0900 FLEXPART 高度0-100m 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/qjp3OKQxUs4


4/29から5/03 0900 FLEXPART 全量 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/4mjF9mkb7KA


4/29から5/03 0900 FLEXPART 高度0-100m 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/Ig9TzHoNA-Y


4/29から5/03 0900 FLEXPART 全量 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/kfSiw-Q28pg


4/29から5/03 0900 FLEXPART 高度0-100m 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/9KTWoYu37_w


4/29から5/03 0900 FLEXPART 全量 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/UnNlySuJq3A


放射能物質拡散シミュレーション 34

放射能物質拡散シミュレーション 34 です。


税金泥棒「SPEEDI」0311-0427空気吸収線量率シミュレーション
http://youtu.be/fbCe1ZCHlTY

税金泥棒「SPEEDI」0311-0427大気中濃度 ヨウ素 地上高シミュレーション
http://youtu.be/6EqnCBJ1nOc

税金泥棒「SPEEDI」0311-0427風速場(地上高)シミュレーション
http://youtu.be/nwl-bh44dkE


2011/04/28

文部科学省ご自慢の(税金泥棒)「SPEEDI」について

WSPEEDI について というページにあったんですが


2000年8月、(税金泥棒)「SPEEDI」による「三宅島火山性ガスの拡散予測シミュレーション SPEEDI 3Dアニメーション」です。http://youtu.be/nU7UlvWhzP0 今ならこれより分かりやすいのが出てきてもおかしくないよね。

さらに、そこでは

引用ここから「

日本原子力研究所では、1987年から2000年にかけて第2世代SPEEDIの開発を行い、海外で発生した原子力事故に対応するための世界版SPEEDI(WSPEEDI)の整備を行いました。現在は第3世代SPEEDIとして数値環境システムSPEEDI-MP(Muliti-model Package)の開発を行っています。
 WSPEEDIは、これまでのSPEEDIの予測機能の強化に加え、国外で原子力事故が発生した場合の放射性物質による日本への影響を評価する機能や、放出源情報が不明な場合に国内のモニタリングデータから放出源や放出量を推定する機能を有しています。

」引用ここまで。下線当方。

何を自慢しているんだか、大口たたく暇があったら、さっさとデータを出せ。

出してきたのが、

文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI) これまでの予測計算結果

一ヶ月以上もたってから出してきて、なにが緊急時迅速だ。

原子力防災研修講座のSPEEDIを解説したページで、「緊急時における計算条件入力から図形配信までの時間」、
これが、なんと 15分 と書かれています。本当ならすばらしいし、充分避難の時間も取れるというもの。ナンダカンダ言って配信しなかった奴等。人道に対する罪に値する。

2011/04/27

放射能物質拡散シミュレーション 33

放射能物質拡散シミュレーション 33 です。


4/27から5/01 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/ivSJVhX8Tqo

4/27から5/01 2100 FLEXPART 全量 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/qSMT8hpwjjc

4/27から5/01 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/DpSSfCNeRsQ

4/27から5/01 2100 FLEXPART 全量 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/tigDhVoZj7U

4/27から5/01 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/QVmMslYXc9k

4/27から5/01 2100 FLEXPART 全量 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/RlcRgoyjtIQ


放射能物質拡散シミュレーション 32

放射能物質拡散シミュレーション 32 です。

4/27から4/30 ZAMG 放射性ヨウ素の飛散シミュレーション I-131
http://youtu.be/wJdOo8CuuDk

4/27 から4/30 ドイツ気象局DWD 放射性汚染物飛散シミュレーション
http://youtu.be/3e_pv6HVcBI

2011/04/26

福島・郡山市、校庭28か所の表土除去へ

福島・郡山市、校庭28か所の表土除去へ


やっと始まりましたね。いや、報道されて無いだけでやってる所はあるのかも知れないけど、

引用ここから「
市は地表から1センチの高さの放射線量について、小中学校は毎時3・8マイクロ・シーベルト以上、保育所や幼稚園では同3・0マイクロ・シーベルト以上の場合は表土を除去するという独自の基準を設定。県の調査結果を基に、除去作業を進める学校、保育所を決めた。取り除く表土は厚さ1~2センチを予定し、早ければ今週末から行う。除去した土は、市内の最終処分場に廃棄する。
」引用ここまで

いや、それ以下でも、一様剥ぎとりましょうよ。念のため。雨も降りましたからどこかにホットスポットはありませんか?

ガイガーカウンターをどこからか調達できませんか?

先生が自身で測って作業を指示しましょう。

最終処分場が汚染されたままになりますよ。膨大な量だと思いますが袋に入れ選別しといて、最終的には東京電力福島第一原子力発電所の近くにできる「東京電力放射能最終処分場」もしくは「東京電力放射能ごみ処分場」に持っていけるようにしときましょう。

2011/04/25

放射能物質拡散シミュレーション 31

放射能物質拡散シミュレーション 31 です。

4/25から4/29 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/kyjAMXIdDJE

4/25から4/29 2100 FLEXPART 全量 放射性ヨウ素I-131の飛散シミュレーション
http://youtu.be/npa9rpfHv1E

4/25から4/29 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/MG3_Otf8vjc

4/25から4/29 2100 FLEXPART 全量 放射性キセノン133の飛散シミュレーション
http://youtu.be/LqJIJErFMdI

4/25から4/29 2100 FLEXPART 高度0-100m 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/leT2WIFCxms

4/25から4/29 2100 FLEXPART 全量 放射性セシウム137の飛散シミュレーション
http://youtu.be/ebd3KrRybz0


シミュレーションのページもご覧ください。

放射能物質拡散シミュレーション 30

放射能物質拡散シミュレーション 30 です。

4/25から4/28 ZAMG 放射性ヨウ素の飛散シミュレーション I-131
http://youtu.be/ZtK1SZsn-SY

4/24 から4/27 ドイツ気象局DWD 放射性汚染物飛散シミュレーション
http://youtu.be/bA5ysa7vgnA

シミュレーションのページもご覧ください。

子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】

【ご協力ください】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求


引用ここから「
21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかった理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名を公表すること

」引用ここまで


全く持ってその通り、日本政府がこのまま撤回せず、ほっかむりを続けるようなら、こんな政府はいらない。


引用ここから「
子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求するため、美浜の会、フクロウの会、グリーンアクション、FoE Japan、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室の6団体は、下記のような緊急声明および要請を政府に対して行います。

これまでの経緯は、以下のページをご覧ください。
http://e-shift.org/?p=103

このアクションに連名可能な団体・個人は、要請文の下のフォームからご連絡ください。
一次締め切り:4月25日(月)

」引用ここまで

今日が<4月25日(月)23時(一次締切)>です。賛同される方、どうぞ、このページです。

2011/04/24

子供の放射能安全基準 根拠不透明

子供の放射能安全基準 根拠不透明

引用ここから

放射線管理区域の線量レベルが年間5mSvに決められていて,労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことに
なっていること,また,20mSvという値は原発労働者が白血病になった際に労災認定されるレベルであることなども知らなかったことから,今回の安全基準についての検討の不十分さが指摘されています.

ここまで


今回馬鹿な決定をしたのは、こいつらです。
忘れないために書き置きます。いずれ人道に対する罪とかで、吊るせないですかね。

「子どもは半分」、文科相が否定=原子力安全委員表明の被ばく量


高木 義明 たかき よしあき 文部科学大臣


福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について 文部科学省

お問い合わせ先

原子力災害対策支援本部(放射線の影響に関すること)
堀田(ほりた)、新田(にった)、奥(おく)
電話番号:03-5253-4111(内線4604、4605)

スポーツ・青少年局学校健康教育課(学校に関すること)
平下(ひらした)、石田(いしだ)、北垣(きたがき)
電話番号:03-5253-4111(内線2976)
.

(別紙2)福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
この文書を出した責任者は以下の方々のようです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
標記の件について、福島県教育委員会等に発出しましたので、お知らせします。
                                             23文科ス第134号
                                             平成23年4月19日

福島県教育委員会
福島県知事
福島県内に附属学校を置く国立大学法人の長  殿
福島県内に小中高等学校を設置する学校設置会社を
所轄する構造改革特別区域法第12条第1項
の認定を受けた地方公共団体の長
                              文部科学省生涯学習政策局長 板東久美子
                              初等中等教育局長  山中伸一
                              科学技術・学術政策局長 合田隆史
                              スポーツ・青少年局長  布村幸彦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」

独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」

原文はこちら

翻訳された方がいます。

引用ここから「日本の子ども達に今やドイツの原発作業員と同じだけの放射線値が降り注いでいる。」

「オットー・フーク放射線研究所のエドムント・レルンフェルダーは憤慨する:「より多くの発ガンの可能性を考慮しなければいけないのは確実だ。政府は限界値を法的に逸脱したのだろうが、道徳的には許されない。」引用ここまで

.

正気を疑う文科省の学校線量基準


大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・


「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明


福島県児童の「20ミリシーベルト/年」の薄弱な根拠

その結果どうなるかは、チェルノブイリの放射能汚染により甲状腺癌患者が急増していたベラルーシで医療活動を5年半おこなってきた菅谷昭松本市長の記事が雄弁に語るでしょう。

講演録「チェルノブイリで子供たちに何が起きたのか!」小児甲状腺がんの現状
菅谷(すげのや)昭先生  元 信州大学医学部第二外科助教授

原発事故で松本市の菅谷市長に健康相談相次ぐ 県外からも 信濃毎日新聞

東日本大震災:福島第1原発事故 松本・菅谷市長「内部被ばくに警戒を」 /長野 毎日新聞

「子供にヨード剤を!」チェルノブイリ現地支援の菅谷昭医師

「内部被曝とは」チェルノブイリ周辺で甲状腺癌治療に従事した「菅谷昭」松本市長記者会見の抜粋

.

.
今回馬鹿な決定をしたのは、こいつらです。
忘れないために書き置きます。いずれ人道に対する罪とかで、吊るせないですかね。

「子どもは半分」、文科相が否定=原子力安全委員表明の被ばく量


高木 義明 たかき よしあき 文部科学大臣


福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について 文部科学省

お問い合わせ先

原子力災害対策支援本部(放射線の影響に関すること)
堀田(ほりた)、新田(にった)、奥(おく)
電話番号:03-5253-4111(内線4604、4605)

スポーツ・青少年局学校健康教育課(学校に関すること)
平下(ひらした)、石田(いしだ)、北垣(きたがき)
電話番号:03-5253-4111(内線2976)
.

(別紙2)福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
この文書を出した責任者は以下の方々のようです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
標記の件について、福島県教育委員会等に発出しましたので、お知らせします。
                                             23文科ス第134号
                                             平成23年4月19日

福島県教育委員会
福島県知事
福島県内に附属学校を置く国立大学法人の長  殿
福島県内に小中高等学校を設置する学校設置会社を
所轄する構造改革特別区域法第12条第1項
の認定を受けた地方公共団体の長
                              文部科学省生涯学習政策局長 板東久美子
                              初等中等教育局長  山中伸一
                              科学技術・学術政策局長 合田隆史
                              スポーツ・青少年局長  布村幸彦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »