2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

放射能量

  • sbm20_usv
  • Tokyo Itabasi Radiation 2usvlong

tweet

最近のトラックバック

amazon 2

  • -----2------
無料ブログはココログ

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »

2012年1月1日 - 2012年1月7日

2012/01/01

福島の大地が綺麗になり、笑顔の生活が戻る日まで私はへこたれないぞ。 この野郎!!by武田邦彦

長くなったので、別記事にしました。

武田邦彦 (中部大学) この人の記事は、わかりやすいです。

2011 8/06 更新されてます。

記事からの引用”20ミリと1ミリでは、約1000人の児童・生徒が被ばくでガンになる. 文科省で20ミリの決定に関与した役人は、その責任を「私財」で贖うべきである.”引用ここまで

デュークさんのブログより---子供の年間被曝量の大幅引き上げを決定したのはたった2名の合議! 議事録もないとか

成田脩(株式会社ペスコ部長)   本間俊充(独立行政法人日本原子力研究開発機)

福島の大地が綺麗になり、笑顔の生活が戻る日まで私はへこたれないぞ。
この野郎!!
]

■岩手は気をつけなければならないか?
■これから先の話(1) 原発のない時の電気
■なかなか対応してくれないので困っているお母さんへ
■「遅れず」
■食材の今後について(音声入り)
■私は「転向」したのか?・・・科学者の信念
■お米の500ベクレルとは?
■福島原発の10シーベルトを考える
■円高で「庶民の懐」はどうなるか?
■福島原発の10シーベルト
■感想 放射線と自然エネルギー
■偉い人がウソをつく手口(2) 電気代が高い理由
■偉い人がウソをつく原理(2) 夫婦げんかの原理
■偉い人がウソをつく手口(1) データのすり替え
■偉い人がウソをつく原理(1) 校長先生のやらせ
■次の原発事故までに「気象庁」を廃止すれば被曝は減る
■短信  腐葉土の1万1000ベクレルは大丈夫か?
■深く考えてみよう  自然放射線より少なければ安全か?
■食品の暫定基準値は1年20ミリシーベルトの内部被曝を想定している
■ニコ生放送 原発と育児 29日午後10時
■原子力関係者はどこに行ったのか?
■私の試み・・・日本社会は日本人が作っていけるのか?
■政府と電力の反撃に備えて(3) 食品の安全と放射線規制
■国づくり パート2 コツコツ貯金できる社会は可能か?
■政府と電力の反撃に備えて(2) 被曝の損害と便益
■困った!
■国づくり パート1 アメリカのエネルギー
■どう乗り切るか、毎日、迷っているお母さんに(追加版)
■政府と電力の反撃に備えて(1) ふたたび1年1ミリから5ミリ
■大企業の没落の兆候・・・闇の力になるのは悲しいこと
■工程表の「騒動」に思う
■なぜ、東日本の原発はすべて壊れたのか?
■常習的やらせ体質・・・政府、電力・・・「日本国民はバカだと思っている人たち」
■どう乗り切るか、毎日、迷っているお母さんに
■「安全な原子力なら賛成」という立場はあるか?
■政府はなぜ「国民の被曝量」を決められるのか?
■ベクレルからシーベルトへの計算(牛肉汚染に備える)
■推薦できるガイガーカウンター・パート2
■なぜか?原発を動かしたい人の考え
■どうしても原発を動かしたい人にお願い!
■お金をもらいたがる子供
■子供の未来はあまり心配ない・・・電気
■緩い規制値を超えても安全と言う人たち?
■汚染牛肉を「安全」という専門家
■ストレス・テストの怪・・・誤魔化されるようなら日本はダメだろう
■福岡・うきは市の講演(7月25日)
■誠実な社会を取り戻したい・・・専門家と規制値
■誠実な社会を取り戻したい・・・牛乳と柏市の放射線
■7月17日日曜日 静岡県藤枝市講演会
■7月15日 15時頃から 名古屋吹上ホール 講演(無料)
■7月23日 大阪講演のご案内
■牛肉と牛乳について
■夏を乗り切る放射線対策
■原発再開のための必須条件(3) 誠実な社会
■7月9日土曜日 午後1時から 現代のコペルニクス放送
■「節電」は本当に必要なの?(4) 日本人は劣っている?!
■超簡単な「ベクレル」の見方  安心できるベクレル
■松本復興相事件
■2011年7月6日ニコニコ動画(ピラニアテレビ)のご案内
■原発再開のための必須条件(2) 「必要性」と「安全性」の分離
■空間の「マイクロシーベルト」から土壌の「ベクレル」への換算
■子どものオシッコから放射性セシウムの検出
■「節電」は本当に必要なの?(3) 電力消費の基礎知識を2,3
■「ガラガラの列車」の中の「小声」の携帯電話
■「節電」は本当に必要なの?(2) 本当は津波ではなかった!
■「節電」は本当に必要なのか?(1)  電気代はなぜ高い?
■健康をどのようにして回復するか(2) 夏の太陽とシミ
■日本の未来は暗いのか?(1) エネルギー
■原発再開のための必須条件(1) 経産大臣の論理
■健康をどのようにして回復するか(1) ラドン温泉の効用
■マイクロシーベルトを測ってベクレルを推定できるか?
■子供の時代のエネルギー(3) 将来は楽観的
■原発事故中間まとめ(8) 救命ボートは準備されていたか?
■国立ガンセンターなのにガンを増やすのに一生懸命!?
■名古屋・栄の1時間0.15マイクロシーベルト
■注意すること 2,3  福島原発と生活
■原発事故中間まとめ(7) たとえばこんな方法も?
■推奨できるガイガーカウンター
■子供の時代のエネルギー(2) 「成長の限界」は本当だったか?
■あまりの恐怖に? ピントの外れた東京都
■6月24日金曜日 岐阜市講演会
■6月26日高山講演のご案内
■1年20ミリの被曝の被害に、何で報いるのか?
■なぜ、子供達は被曝させられるのか?
■子供の時代のエネルギー(1) 恩師の手紙
■本当のことを「風評」という不誠実な政府
■東京のお母さんへ・・テレビの解説は間違っていましたので注意
■原発事故中間まとめ(6) 重大事故研究は単色だった
■「正しいお母さん」の試験問題
■科学技術者の誠意、商人の誠意
■校長先生が児童を被曝させたい理由
■原発事故中間まとめ(5) 国民が背負ったベクレル
■自然放射線と被曝
■科学者の日記110609 日本を二つに分けたらどうか?
■奇妙な発がんの論理  お酒と被曝
■医学とコンセンサス  被曝の危険性
■原発事故中間まとめ(4) 「悪意」か? 私たちの政府
■お母さんに「風評被害」と非難する人は人間か?
■科学者の日記110608 夏を迎えて
■科学者の日記110607 「原理原則」は大切なこと
■放射線防護はどのように進んできたか?
■「安全病」患者リスト・・・子供を被曝させたい人たち
■科学者の日記110605 今、もっとも重要なこと
■原発事故中間まとめ(3) 原発が壊れていった時
■3つのホットスポット
■科学者の日記110602 私たちは何を間違ったのか?
■原発事故中間まとめ(2) 原発事故の通報について考える
■本当に同じ人?! あるアドバイザー(医師)の発言と論文
■科学者の日記110601 本当はテレビは危険を知らせるのだが
■6月11日 紀伊國屋ホール講演会
■原発事故中間まとめ(1) 爆発が判った瞬間
■6月5日日曜日いわき市夕方の講演会のご案内
■短い情報・・・杉並の放射線
■神になった人たちのリスト
■科学者の日記110530 政府も少しはなにかやってください
■台風の前に緊急に政府がしなければいけないこと
■海の汚染の考え方と問題点
■幼稚園の砂場と園庭 ・・・ あるお母さんから
■科学者の日記110528 良いこと、悪いこと
■6月5日いわき市講演の情報です
■科学者の日記110526 みんな死ぬのだから・・・という論理を考える
■国を失った日本人(2) 空中分解した国、子供を被曝させる
■国を失った日本人(1) 海の汚染、はじまったか?
■科学者の日記110525 縦割り:子供の立場は誰が?
■たて割無責任社会:大人が強いる子供達の被曝
■新しい「信頼される」生産者・流通の時代に!
■科学者の日記110523 ああ、すれ違い!
■厳しい問題・・・茨城産の農作物は安全か?
■科学者の日記110521  夏の服装・食材の選択
■科学者の日記110520  哀しい茶葉の検査拒否
■億・兆・そして京
■「工程表」の評価
■科学者の日記110520 「被曝量と健康」の基礎
■科学者の日記110517 国会・文部科学委員会にて
■拭く・測る ・・・ 効果を上げた方(東京)と18才学生
■科学者の日記110517  「福島の胆力」と「乞食集団」
■科学者の日記110516  福島原発1号機
■電力会社の社員は、日本社会の一員か?
■練馬区、日本医師会、イオン、そして表土
■それでも私はなぜかNHKの受信料を払っている??
■原子力基本法  文科省に「遵法精神」を求める
■科学者の日記110515 「奴(やつ)」はどこにいるか?
■「被曝場」と化した学校・幼稚園
■科学者の日記110514 医師の100ミリ

子供の被曝に関しては、長くなったので別ページにしました。4/23

こどもは犠牲者? 1

こどもは犠牲者? 2

独シュピーゲル誌「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」


子供の放射能安全基準 根拠不透明


子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること【署名願います】


出てきてください! 高木大臣

.

【5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会】子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »